お知らせ

階上の味覚。旬ですよ。

2022.02.17

もう2月も半ば。まもなく厳しい冬から暖かい春を迎える季節になりました。

階上地区の特産が旬を迎えています

 

1つ目は「わかめ」。

今季は水温が高く生育が半月ほど遅れているそうですが、生わかめが美味しい季節は春と言われており、高血圧を下げたり血液をサラサラにする効果があるといわれるアルギン酸(ぬめりの成分)などの食物繊維や、体の調子を整えるミネラル、ビタミンなど体に良い成分がわかめには豊富に含まれています。

おすすめの食べ方は、ワカメしゃぶ三陸産のワカメは、身が引き締まっており、しゃぶしゃぶでお召上がり頂くのをお勧めしております。シャキシャキとした歯応えを愉しめます。

2つ目は「いちご」

階上のオススメといえばなんといってもイチゴ!

「とちおとめ」という品種を階上地区では多く育てています。甘いだけでなく、程よく酸味があって甘みと酸味のバランスがいいのが特徴でスィーツに適しています。
果実が固めでしっかりしているので日持ちもいいです。
気仙沼は、冬の日照時間が長く、太陽光をたっぷり浴びさせて育てることができることから、毎年たくさんのいちごを栽培・出荷しています。

この「気仙沼いちご」をふんだんに使ったオススメスイーツはやっぱりこれです。「喫茶マンボのいちごババロア」。シーズンになると、このババロアを食べるために県内外から気仙沼においでになるお客様が大勢いらっしゃいます。いちごはビタミンも取れて免疫力向上に役立ちます。