「気仙沼茶豆」は通常の枝豆にくらべ香りが高く、甘みが強いことが特徴。普通の枝豆には一つの枝に3枚の葉がついていますが、気仙沼茶豆には5つの葉がついていて地域特有の品種として長く栽培されています。